採用情報

運転士の一日

06:40

出社(勤務系統(運行経路)は10系統以上あり午前から午後と出勤時間は様々です。)

制服に着替え身だしなみを整え確認します。しっかりと制服を着こなすことで身が引き締まり、お客さまにも安心して乗車していただけるように心がけています。

06:50

出勤確認

出勤簿で自分の車両確認、免許証提示、飲酒検知(アルコールチェック)をおこないます。
公共交通機関で働くプロドライバーとして当たり前のことですが必ず乗務前に運行管理者に確認していただきます。各社員が出勤して一番初めにすることです。

07:00

車両点検

運行管理者より担当車両の鍵などを受け取り、乗務系統のコース表をもとに担当車両の点検表を作成後、車両に向かい車両点検(タイヤの空気圧、ボルトナットの緩み、オイル・水の量やボディの傷、その他、数多く)を行います。

07:20

運行管理者と対面出庫にて点呼

車両点検、健康状態に異常がないことを報告し、運行管理者より道路状況や当日の注意点などの説明を受け復唱し出庫します。

07:24

乗務開始!

様々なことで注意することがあります。道路状況、歩行者、他車、などにも注意が必要になります。
お客さまには安全・安心・快適に通勤・通学・お買い物のご利用や世界遺産の旅を満喫して一番の良い思い出にしていただきたく最善の注意をもって運転しています。

09:05

乗務の合間

高野山営業所では電車が到着するとパンフレットを持ってお客さまに目的地へのご案内をいたします。
世界遺産ということもあり国内だけではなく色々な国(外国人)の方がお越しになります。宿坊や文化財へ向かうバスや降車する停留所など英語で案内(自己流で)します。
時には、おススメのコースのアドバイスすることもあります。

11:05〜11:3514:00〜15:00

休憩

各勤務系統には決まった休憩があります。各自食事を取ったり、上司や先輩、同僚と私生活や仕事での疑問などを話したり、アットホームな感じで盛り上がっています。

16:30

乗務終了

決まった駐車位置にバスを停車させ、終業点検(バス車内・車外確認)を行います。

16:40

運行管理者と対面にて入庫点呼

出勤時と同様に車両点検、健康状態、当日の乗務で気づいたことなどを運行管理者に報告し、飲酒検知(アルコールチェック)を行い翌日の勤務を確認して勤務終了となります。

16:50

退社

本日も安全運転お疲れさまでした!

先輩運転士の声

榎本 勝之 | えのもと かつゆき

私が、運転士として心掛けていることは、お客さまに気持ちよくご乗車していただき、「高野山に来てよかった」「運転士さんありがとう」「また、高野山に来たい」と思っていただけるような、運転・接客のエキスパートを目指し日々勉強しています。
「安全・安心」はもちろんですが、もう一度高野山に来たいと思っていただけるように、進んでコミュニケーションを取るように心掛けています。いってらっしゃい、おかえりなさい、お疲れさまだけではなく、宿泊、日帰りで来られたお客さまに、私なりに高野山のここが魅力だなと感じているコースなどをご案内したりしています。オリジナルコースです!(笑)
高野山は四季折々それぞれの良さがあり私もプライベートで何度も足を運びお客さまに喜んでいただけたらと必死におススメな場所を勉強したことが今では懐かしい思い出です。
お客さまに身近で話しやすい運転士と感じていただければ凄く嬉しいですね!また、海外からお越しのお客さまも多く、高野山は良かったと少しでも思っていただけたらと思い英語でのご案内もできるよう独学で勉強しています。(汗)
運転では、いろいろな状況を想定し何が起こっても臨機応変に対応できるような運行を心掛けています。お客さまには、安全・安心・快適な旅にしていただきたいですからね!
南海りんかんバスの運転士は私だけでなく皆が同じ思いをもってお客さまに楽しんでいただけるよう取り組んでいます。みんな一つの輪になっていることが南海りんかんバスの運転士になってよかったと思うところです。